デロイト トーマツ アカデミー Deloitte Tohmatsu Academy

自社を守るための不正調査の基礎知識- 3講座セット

  • 危機管理
  • 経営・事業戦略
  • 初級★★
  • 中級★★★

¥9,900税込

自社を守るための不正調査の基礎知識- 3講座セット

2010年に公表された日本弁護士連盟の「第三者委員会ガイドライン」を契機として、重要な不正・不祥事が公表されるようになりました。対応を誤れば、ステークホルダーから糾弾され、レピュテーションが著しく損なわれるだけでなく、経営責任に発展するケースも出ています。このような背景の下、万一の不正発生に備えて、適切な初動、調査対応、再発防止策導入のための予備知識が必要不可欠となってきています。本講座では不正調査に関する基礎知識を、「調査プロセスの全体像」「デジタルフォレンジック」「原因分析と再発防止策」の3つに分け、現場経験を踏まえて解説します。

テーマ

  1. 1. 不正調査の全体像 (35分)

    • ・企業を取り巻く環境
    • ・不正調査の全体像
    • ・本件調査の進め方
    • ・件外調査の進め方
  2. 2. デジタルフォレンジック (28分)

    • ・デジタルフォレンジック概要
    • ・調査手続きの計画立案
    • ・保全関連事項
    • ・データの絞り込み
  3. 3. 原因分析・再発防止策 (26分)

    • ・原因分析
    • ・再発防止策の策定
    • ・再発防止策公表後の対応
標準学習時間
89分
受講期間
お申込み日より12ヶ月間 ※クレジット払いは決済後すぐに、コンビニ払い及び請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

※お申込みにあたりご不明な点は、フォームよりお問い合わせください。

講師

  • Partner 垂水 敬

    有限責任監査法人トーマツに入社し、法定監査業務を経験した後、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社にて様々なM&Aや事業再生・再編プロジェクトに従事した。現在は、企業の不正調査案件、企業不正からの改善・再生のための内部統制や内部監査の高度化プロジェクト等に従事している。公認会計士・公認不正検査士。

  • Managing Director 岡田 大輔

    2013年よりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。情報漏えい、産業スパイ、不正会計、ハラスメント、不就労などの労務問題、背任行為等、様々な企業不祥事や紛争事案など、200件を超える実務経験がある。公認不正検査士・企業情報管理士。

  • Managing Director 佐藤 保則

    監査法人入社後、国内法定監査・IPO支援に従事した後、2007年より当社にて事業再生における調査、事業計画策定、金融支援交渉、スポンサー選定業務の他、M&A関連の調査等に従事。2015年よりフォレンジックサービス部門に異動、複数の大型不正調査案件のほか、調査後の再発防止計画の立案・実行支援の中でガバナンス・オペレーション改善の他、各種当局対応支援の経験を有する。公認会計士。

※講師情報については、動画収録時のものとなります。