デロイト トーマツ アカデミー Deloitte Tohmatsu Academy

不確実な時代の「不安」
「学び」「自信」に変える!

明日の実務に活かせる
今後のキャリアアップにつながる
他には無い一歩踏み込んだナレッジを
効率良く学ぶ方法がここにあります。

FEATURE

日本企業を支える
全てのビジネスパーソンの
「Well-being」
「現実」にしたい

働き方改革の掛け声とは裏腹に「Well-being」とは程遠い毎日、将来に備えて学ぶ時間も取れず漠然と不安と不満を抱えているという声がまだまだ多く聞かれます。組織のニーズに効率良く応えるスキルやナレッジを習得し、組織と個人双方の満足度を上げることが出来たなら・・・より良い明日への確実な一歩になるのではないでしょうか。
働く人のWell-doingがあってこそ、Well-beingを叶える組織に成長できると私たちは考えます。

  • 個人単位の学びには
    e-ラーニングがおすすめ

    いつでもどこでも手軽に学べる動画形式。受講期間は1年間、何度でも繰り返し学べて資料のダウンロードも可能。内容の濃い講座でもマイペースでじっくり習得可能です。

  • 組織単位での
    e-ラーニング導入も可

    新入社員や異動者への研修ラインナップの強化、若手社員のM&Aリテラシーの向上、海外子会社へのコンプライアンス研修など、貴社のニーズにお応えします。また貴社オリジナルコンテンツを含めた社内研修のプラットフォームとしてのご利用についてもご相談ください。

  • カスタマイズした
    法人向けプログラムの
    実績多数

    業種や中長期計画に合わせてカスタマイズしたインハウスセミナーや、未来の事業環境を洞察し、戦略を立案、ビジネスプランに落とし込む戦略プランニング研修など、社内人材の育成をサポートしています。

e-ラーニングのご紹介
無料講座あり

当アカデミーでは受講される方の立場・視点別に各テーマを切り取った講座を提供しています。自分に合った視点で学ぶことはもちろん、時には別の視点でタスクやノウハウを学ぶことで、より深くプロジェクトを理解し、戦略を成功に導くことに繋がると考えています。

企業の実務家

  • 経営企画、経理、法務等の事業・経営戦略に関わる部門に所属する方
  • M&A後の統合プロセスに関与する方
  • 実践で学んだ知識を体系的に整理したい方
  • M&A等事業・経営戦略の理解を深化させたい方
  • 戦略立案策定、実行において必要なリソースを知りたい方
  • 外部専門家を活用すべきフェーズ、有効な活用方法を知りたい方
  • 戦略実行におけるプロジェクトマネジメントの基礎
  • 知識を習得し、キャリアのステップアップに備えたい方

経営者

  • 経営者全般
  • 創業者
  • 二代目社長
  • 次世代経営者候補
  • 経営幹部
  • 企業コンサルティングを行う方々

M&Aアドバイザー

  • M&AのFA実務を学びたい士業の方
  • M&Aを経験したことはあるが改めてFA実務を学びたい方
  • M&A 業務の経験が浅いもしくは未経験でFAを目指す方
  • 公認会計士、税理士、中小企業診断士、弁護士等の士業
  • 金融機関M&A担当者、保険代理店等

講座体系

当アカデミーでは、各種事業戦略の戦略立案から専門的な実務ノウハウ、危機管理のナレッジ、実行に必要なビジョンから各種分析フレームワークまで、デロイト トーマツならではのラインナップであなたの「学ぶ」をサポートします。

  • 企業の実務家向け講座

    各種戦略立案から実行まで、
    企業内で活きる実務スキルを習得

    数多くの企業支援を行なってきたデロイト トーマツにしかないナレッジを企業の実務者目線で切り取って共有します。

    人気講座

    ・M&A実務入門6講座セット
    ・自社を守るための不正調査の基礎知識
    ・ベンチャー投資の価値評価の基礎

  • 経営者向け講座

    経営に関する知識やスキルを
    様々な観点で習得

    経営者の視点で企業を成長させるために必要な経営ビジョンや各種分析手法、事業計画策定の手法等を学ぶことができます。

    人気講座

    ・プレジデント事業承継講座
    ・顧客インサイト・アイデア創造
    ・経営理念・経営戦略・計画策定

  • M&Aアドバイザー向け講座

    案件組成からM&A取引実行までを
    擬似体験

    トーマツのこれまでの知見を元に、FA(ファイナンシャルアドバイザー)としての実務的な能力を養成する「体験」を提供します。

    人気講座

    ・M&Aプロフェッショナル養成講座
    ・中小企業M&Aの失敗事例と対応策
    ・会計事務所のM&A体制構築

進捗管理など使いやすい
E-learningシステム

PC/タブレット/スマートフォンを使用し簡単、シンプルな動作で視聴可能。再生速度調整可。修了証のダウンロードも可能です。

STEP

受講までの流れ

  • STEP

    1

    会員登録

  • STEP

    2

    講座のお申込み

  • STEP

    3

    講座を受講する

受講者の声

VOICE

  • M&Aプロフェッショナル養成講座 - 理論編

    これからM&Aを事業化するにあたって、クロージングに至るまでのノウハウ全般のヒントがいただけたので全講義とても参考になりました。
  • 中小企業M&Aの失敗事例と対応策

    M&Aの各フェーズにおける多くの失敗事例を学べ、顧客の意向確認や理解の不足によって各フェーズで問題が生じうることを理解できました。
  • M&A実務入門 - 6講座セット

    実務に即した内容で、基礎的過ぎずちょうど良い難易度で、M&Aの全体像を学習するのに非常にためになりました。講義の時間も、テーマごとに短くなっていて、学びやすいスタイルでした。
  • 新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座(基礎編)

    内容の割に、ひとつ一つの動画が短く細切れになっているので、しっかり時間をかけて、内容を深く理解できるような構成がよかった。
  • プレジデント経営講座 - 10講座セット

    コンパクトにまとめてあり、かつ、全体の流れが整合されており、解説も例を織り交ぜていただいており、非常に理解しやすかったです。
  • プレジデント経営講座 - ビジネスモデルキャンバス(BMC)

    ビジネスモデルキャンパスと言う手法を初めて学び、分析法の1つとして参考になった。

お知らせ

INFORMATION

  • e-ラーニング

    M&Aアドバイザー向け「【M&Aプロフェッショナル養成講座】理論編 – 4講座」e-ラーニング リニューアルのお知らせ


    ■─■───────────────────────────────────────────

    M&Aアドバイザー向け「【M&Aプロフェッショナル養成講座】理論編 – 4講座」e-ラーニング リニューアルのお知らせを致します。

    ■─■───────────────────────────────────────────



    ※今回ご紹介の講座は従前の「M&Aプロフェッショナル養成講座 - 理論編」のリニューアル版となります。



    デロイト トーマツ アカデミーの【M&Aプロフェッショナル養成講座】シリーズは以前よりM&Aアドバイザーをはじめ、金融機関ご担当者や士業の先生方、事業会社のビジネスパーソンなど多くの方にご好評をいただいております。この度、シリーズのなかでも今まで最も多くの方々にご視聴いただいた実績のある「理論編」が新たに生まれ変わりました!今までの「理論編」に準じた主要テーマでありながら、より実務の現場でお役立ていただけるように過去の視聴者からのご要望を反映した詳細解説をしております。



    また、リニューアルに合わせて理論編における「セルサイドM&Aの初動とIM作成実務」「中小企業価値評価の実務」「財務デューデリジェンスの実務」「M&A関連書類に関する実務」の4つのテーマのセット講座だけでなく、それぞれ単一講座としてお申込みいただけるようになっております。単一講座は4講座セット詳細ページの下部 [関連講座] よりご確認ください!




    ≪「【M&Aプロフェッショナル養成講座】理論編 - 4講座セット」の詳細はこちら≫



    ■講座名

    【M&Aプロフェッショナル養成講座】理論編 - 4講座セット



    ■テーマ

    1.セルサイドM&Aの初動とIM作成実務 (65分)

    ・事業承継の全体像と実践的なヒアリング方法

    ・FAの受託までの流れと事業承継案件のポイント

    ・FAの受託後の流れとアドバイザリー契約締結

    ・売却候補先の選定方法

    2.中小企業価値評価の実務 (63分)

    ・株式価値評価の全体像

    ・中小企業M&Aにおける一般的な価値評価(年買法)

    ・マーケット・アプローチによる価値評価

    ・インカム・アプローチによる価値評価

    ・コスト・アプローチによる価値評価

    3.財務デューデリジェンスの実務 (72分)

    ・財務デューデリジェンスの概要

    ・中小企業における財務デューデリジェンスの留意点

    ・財務デューデリジェンスの業務設計

    ・財務デューデリジェンスで実施する各種分析

    ・財務デューデリジェンス報告書:要約例

    ・株式価値評価へのインプット

    ・参考: 初期資料依頼リスト

    ・参考: マネジメントインタビューリスト

    ・参考: 法務デューデリジェンス

    ・参考: 人事デューデリジェンス

    4.M&A関連書類に関する実務 (31分)

    ・M&A関連書類の位置づけ

    ・秘密保持契約

    ・意向表明書

    ・基本合意書

    ・株式譲渡契約書(SPA)

    ・事業譲渡契約書の論点



    ■講師

    デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

    中谷 和晃 VP、林 瞳VP



    ■標準学習時間

    231分



    ■価格

    ¥ 55,000



    ■受講期間

    お申込み日より12ヵ月間

    ※入金確認後、視聴開始となります。





    ≪「【M&Aプロフェッショナル養成講座】理論編 - 4講座セット」の詳細はこちら≫


  • e-ラーニング

    企業の実務家向け「HR指標を活用した人事課題の発見と施策実行のポイント」e-ラーニング リリースのお知らせ


    ■─■───────────────────────────────────────────

    企業の実務家向け「HR指標を活用した人事課題の発見と施策実行のポイント」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。

    ■─■───────────────────────────────────────────



    人事関連業務の中で会社全体の人事方針や人事施策の検討をする際、定性的な議論となりコミュニケーション方法や判断根拠が曖昧なまま議論が進んでしまうことが多々あると思われます。しかし本来、人事課題を発見し適切に施策を実行するためにはKPI、すなわちkey performance indicatorを掲げ、その推移や関係性を分析・解釈することで定量的に判断することが必要不可欠です。本講座は、定性的になりがちな人事課題の検討を、「定量的に」判断していく際のポイントとなる4つのKPI、およびモニタリングすべきその他のKPIに関する5講座と、7つのキーワードと共に全講座を振り返る総まとめをセットにした講座です。人事課題の特定を行う際の実例をご紹介しながら解説しています。



    ≪「【HR指標を活用した人事課題の発見と施策実行のポイント】 4講座セット」の詳細はこちら≫



    ■講座名

    【HR指標を活用した人事課題の発見と施策実行のポイント】 4講座セット



    ■テーマ

    1. はじめに

    2. KPI : 平均年齢

    ・A社のケース

      平均年齢をKPIとしてみる時のポイント

      平均年齢が上昇している時にありがちなパターン

      平均年齢が上昇している時に発生しがちな問題

      追加で分析すべきKPI

    ・KPI分析例

      等級別要員構成(人数・比率)

      管理職比率・管理職に占める役職者比率

      管理スパン

      滞留人数の分析

      等級別平均人件費の推移と、等級別要員構成比率の推移

      平均年齢が下がっている場合に想定される問題

      投資人材比率・育成人材1人当たり投資人材

      想定される施策(例)

      施策効果検証に際しての考え方

    3. KPI : 女性管理職比率

    ・B社のケース

      特定の人材を増員させる時のポイント

      ありがちなパターン

      発生していることが想定される問題

      追加で分析すべきKPI

    ・KPI分析例

      人数・比率・年齢・勤続年数

      年齢別等級別要員構成

      男女別・勤続年数(換算)別等級分布

      採用の状況

      男女別の定着状況:離職率

      男女別等級・勤続年数(換算)別昇格状況

      昇格対象者と受験者の関係

      男女別配置状況

      新卒入社後10年間における異動回数

      一般的な女性活用の考え方

    4. KPI : 直間比率

    ・C社のケース

      間接機能の効率化を検討する時のポイント

      現場からの増員要求の声がなくならない時にありがちなパターン

      発生していることが想定される問題

      追加で分析すべきKPI

      直接部門の生産性

      間接機能の生産性の考え方

      間接“機能”の生産性

      人材スペックのマッチングイメージ

      リソースシフトのイメージ

      分析結果の施策への反映方法

      BPRの失敗イメージ

      工数コスト効率

      イノベーション人件費とオペレーション人件費

    5. KPI : 1人当たり生産性、人件費効率

    ・D社のケース

      要員計画を取りまとめる時のポイント

      要員計画取りまとめ時にありがちなパターン

      発生していることが想定される問題

    ・E社のケース

      生産性向上を目指す場合のポイント

      ありがちなパターン

      発生していることが想定される問題

      追加で分析すべきKPI

      KPIの選定プロセス

      各国/事業/部門単位の分析例

    ・要員計画策定の際のポイント

      “要員・人件費マネジメント”の位置付け

      プロセスイメージ

      要員・人件費マネジメントガイドラインの骨子(案)

      部門別配員要求表

    6. モニタリングすべき11のKPI

    ・みるべきKPIベスト3

    ・主なサブ指標一覧と、サブ指標を通じた主な検討例

    7. 本講座のまとめ

    ・7つのキーワード



    ■監修

    デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

    山本 奈々P



    ■標準学習時間

    103分



    ■価格

    ¥ 5,500



    ■受講期間

    お申込み日より12ヵ月間

    ※入金確認後、視聴開始となります。





    ≪「【HR指標を活用した人事課題の発見と施策実行のポイント】 4講座セット」の詳細はこちら≫


  • e-ラーニング

    企業の実務家向け「IPO実務入門」e-ラーニング リリースのお知らせ


    ■─■───────────────────────────────────────────

    企業の実務家向け「IPO実務入門」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。

    ■─■───────────────────────────────────────────



    IPO実務入門はこれからIPOの準備に着手される実務家の方に、本講座を通じてIPO準備の概要と重要論点をご理解いただきIPOに向けた実務にお役立ていただけるよう、IPO準備において特にポイントとなる9つのテーマについて解説しています。



    ≪「【IPO実務入門】9講座セット」の詳細はこちら≫



    ■講座名

    【IPO実務入門】9講座セット



    ■テーマ

    1. 【IPO実務入門】内部管理体制の整備 - 上場準備におけるポイント

    ・内部管理体制の概要

    ・規程の整備・組織の見直し

    ・日常業務の見直し

    ・内部監査の導入


    2. 【IPO実務入門】内部管理体制の整備 - J-SOX

    ・内部統制報告制度の概要

    ・内部統制報告制度への対応


    3. 【IPO実務入門】関連当事者との取引及び関係会社の整理(前編)

    ・上場審査の対象

    ・上場審査の視点


    4. 【IPO実務入門】関連当事者との取引及び関係会社の整理(後編)

    ・具体的対応(関係会社)

    ・具体的対応(関係会社以外)

    ・開示


    5. 【IPO実務入門】経営計画 - 上場準備におけるポイント

    ・環境分析の実施

    ・経営戦略の策定

    ・数値計画の立案

    ・実行管理の実施

    ・経営計画の審査における留意点


    6. 【IPO実務入門】 上場準備における会計処理ポイント

    ・会計処理の見直しと貸借対照表、損益計算書への影響

    ・会計処理の内容と分類

    ・棚卸資産の評価/固定資産の評価(減損会計)

    ・ソフトウェアの資産性

    ・金銭債権の評価(貸引)

    ・有価証券の評価

    ・各種引当金の計上

    ・売上計上基準の修正

    ・収益認識の5つのステップ

    ・原価計算による修正

    ・過年度遡及


    7. 【IPO実務入門】ディスクロージャー制度

    ・ディスクロージャー制度の概要

    ・新規上場申請のための有価証券報告書Ⅰの部の内容と作成ポイント

    ・新規上場申請のための有価証券報告書Ⅱの部の内容と作成ポイント

    ・事業計画及び成長可能性に関する事項

    ・上場後の適時開示書類


    8. 【IPO実務入門】労務管理

    ・株式上場準備におけるヒトの管理の位置付け

    ・労務管理のポイント


    9. 【IPO実務入門】IPO準備におけるIT管理のポイント

    ・上場企業に求められるIT統制とは

    ・情報セキュリティ対策の必要性



    ■監修

    有限責任監査法人トーマツ

    寺門 義昭MD



    ■標準学習時間

    253分



    ■価格

    ¥ 22,000



    ■受講期間

    お申込み日より12ヵ月間

    ※入金確認後、視聴開始となります。





    ≪「【IPO実務入門】9講座セット」の詳細はこちら≫


  • お知らせ

    ログインできない/パスワード再設定時にエラーメッセージが表示される場合(お問合せ前に一度ご確認ください)


    デロイト トーマツ アカデミー ユーザー各位


    平素よりデロイト トーマツ アカデミーをご利用いただき、誠にありがとうございます。

    ログインできない、またはパスワード再設定画面にて以下のエラーメッセージが表示される場合の対処方法に関するご案内です。



    ■エラーメッセージ:当該ユーザはパスワードポリシーが適用されていません。管理者にお問合せください。


    対処方法:① M&Aプラス会員の方

         ② 上記①に該当せず、3/25(金)より前に旧サイトにて会員登録された方

         ③ 上記①に該当せず、3/25(金)以降に会員登録された方



    ① M&Aプラス会員の方

    大変お手数ではございますが、お問合せフォームよりお問合せください。

    その際、ご使用端末のOSとブラウザをご記載くださいますようお願い申し上げます。

    ※併せて下記≪対応OSとWebブラウザ≫をご参照ください。



    ② 上記①に該当せず、3/25(金)より前に旧サイトにて会員登録された方

    3/25(金)より講座購入及び講座視聴が新システムへ移行となり、同日に新ID/仮パスワードをご案内しております。

    初回ログイン時は、メールに記載の新ID/仮パスワードをご利用ください。

    新規パスワードへの変更方法も同メール内に記載がございますので、併せてご参照ください。

    (メールタイトル:【デロイト トーマツ アカデミー】新システムへのログインに関するご案内)


    ※メールが見当たらない場合やログインできない場合は大変お手数ではございますが、お問合せフォームよりお問合せください。



    ③ 上記①に該当せず、3/25(金)以降に会員登録された方

    大変お手数ではございますが、お問合せフォームよりお問合せください。

    その際、ご使用端末のOSとブラウザをご記載くださいますようお願い申し上げます。

    ※併せて下記≪対応OSとWebブラウザ≫をご参照ください。



    ≪対応OSとWebブラウザ≫

    ・Windows 10 以降:Microsoft Edge(最新版)、Firefox(最新版)、Google Chrome(最新版)

    ・Mac OS X 以降 :Safari(最新版)

    ・iOS/iPadOS 14 以降:Safari(最新版)

    ・Android 10 以降:Google Chrome(最新版)


    ✔ Androidは機種が非常に多いため完全な動作保証はしておりません。動作に不具合が発見された場合は調査し、対応可能な範囲で対応する方針としております。)

    ✔ 動作環境外のOS・ブラウザの場合でもサイトは基本的に見ることができますが 一部機能が利用できない・レイアウトのずれ等が発生する場合があります。)

    ✔ ブラウザのJavaScript、Cookie、SSLの設定が有効である必要があります。)

    ✔ セキュリティソフトウェアまたは、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって当サービスの機能が正しく利用出来ない場合があります。)

    ✔ eラーニング講座を受講する場合は、eラーニング講座とサイトの動作環境が異なる場合があります。)

    ✔ シンクライアント環境、デスクトップ仮想化環境等からの受講は動作保証対象外となります。)



    以上、ご不便をおかけし恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


     
    本件に関するお問合せ先:

    -----------------------------------

     デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

     デロイト トーマツ アカデミー事務局

     電話番号:  03-6213-1180 <平日10:00-17:00>

     メールアドレス: deloitte_tohmatsu_academy_r@tohmatsu.co.jp

     お問い合わせフォーム: https://academy.ma-plus.com/contact

    -----------------------------------


    詳しくはこちら
  • e-ラーニング

    企業の実務家向け「税務における議論の技法 - 見解の相違を解消するヒント」e-ラーニング リリースのお知らせ


    ■─■───────────────────────────────────────────

    企業の実務家向け「税務における議論の技法 - 見解の相違を解消するヒント」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。

    ■─■───────────────────────────────────────────



    税務における議論の技法について、税務調査・係争に精通した弁護士・税理士が分かりやすく解説します。税務における見解の相違のほとんどは、事実認定の問題から生じています。そこで、本講座では、まず、税務における事実認定のフレームワークについて解説します。次に、5つの最新裁決例をケーススタディとして取り上げて、事実認定のフレームワークの具体的な当てはめ方について説明します。



    ≪「税務における議論の技法 - 見解の相違を解消するヒント」の詳細はこちら≫



    ■講座名

    税務における議論の技法 - 見解の相違を解消するヒント



    ■テーマ

    第1章

    総論:証拠の評価で決まる見解の当否

    ・見解の相違のほとんどは事実認定の問題

    ・審判所の裁決例は証拠の評価に関するヒントの宝庫

    各論:最新裁決例から分かる議論の技法

    ① 契約書の定めが出発点(令和2年5月19日裁決)


    第2章

    ② その収益は誰のもの?(令和2年12月15日裁決)

    ③ 知っていた? 知らなかった?(令和2年9月4日裁決)


    第3章

    ④ もう辞めていた? まだ辞めてなかった?(令和2年12月15日裁決)

    ⑤ 納税者の自白は信用できるか?(令和2年2月5日裁決)



    ■講師

    DT弁護士法人

    北村 豊P



    ■標準学習時間

    92分



    ■価格

    ¥ 8,800



    ■受講期間

    お申込み日より12ヵ月間

    ※入金確認後、視聴開始となります。





    ≪「税務における議論の技法 - 見解の相違を解消するヒント」の詳細はこちら≫


MESSAGE

 日本企業の成長と発展を、「育成」から。

 日本企業の成長と発展は、企業をけん引する経営者や、その経営者をサポートする役職員の志と手腕・力量にかかっているといっても過言ではありません。
企業経営や実務課題に取り組むにあたり、個人の資質や才能等、標準化できない素養の部分は多々ある一方、学ぶことができる知識やスキルも決して少なくありません。しかしながら経営者や実務課題に取り組むビジネスパーソンが基礎体力としての知識・ノウハウ・フレームワーク等、真に必要なものを適切に選択し身につけることは簡単ではないため、多くの方々が「育成」に関する悩みを持っていらっしゃるのではないでしょうか。

 このような状況に一石を投じ、日本企業の成長と発展に「育成」から貢献したいと考え、我々デロイト トーマツ グループは「デロイト トーマツ アカデミー」を開講しました。講義内容についてはより多くの方のお役に立ちたいという考えのもと、入門レベルのものから実務的なものまで幅広くご用意しています。また、アカデミックな内容のみならず、事例分析、演習、課題を用いたワークショップ形式等も多数あります。

 デロイト トーマツ アカデミーによる人材育成を通じて日本企業の成長を支援し、日本の未来を熱く輝かせる礎になりたいと考えています。

デロイト トーマツ
ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

パートナー 熊谷 元裕