デロイト トーマツ アカデミー Deloitte Tohmatsu Academy

海外子会社の不正ガバナンス

  • 危機管理
  • 経営・事業戦略
  • 海外
  • ガバナンス
  • 中級★★★
  • 上級★★★★

¥4,400税込

海外子会社の不正ガバナンス

本講座では、日系企業における海外子会社ガバナンスの弱点を振り返ったうえで不正ガバナンス強化に必要不可欠なポイントを、1マネジメント、2責任の明確化、3リスクと統制、4人材と組織、5モニタリングの5つの視点で整理し、それぞれの要諦を解説します。事業会社で長く海外駐在の経験のある講師が、日本本社、地域統括会社、現地子会社それぞれの立場を踏まえたうえで自身の経験談を交えてお話します。コロナ禍における内部監査のリモート対応についても概説します。

テーマ

  1. 海外子会社ガバナンスの課題

    • ・海外子会社ガバナンスにおける日系企業における根本的な弱点
    • ・海外子会社ガバナンスの強化のための要諦
  2. 1. マネジメント

    • ・Tone At the Top
  3. 2. 責任の明確化

    • ・社内規定類の整備
    • ・有事対応における失敗と対策(例)
    • ・グローバルポリシーの策定と導入
    • ・グローバルグループポリシーの策定と導入の手続き
    • ・グループガバナンスにおける「本社」に期待される機能
    • ・日本本社内部の実情
    • ・地域統括会社の実情
    • ・海外子会社内部の実情
    • ・ガバナンス強化のため双方向の努力
    • ・親会社との連携の重要性
  4. 3.リスクと統制

    • ・Value Chainにおけるリスクの一例について
    • ・内部統制強化
  5. 4. 人材と組織

    • ・GHQにおいて要求される人材
    • ・グローバル人事戦略と体制構築
  6. 5. モニタリング

    • ・海外子会社不正ガバナンスにおけるギャップ
    • ・内部監査における課題事例
    • ・リモートによる内部監査を支援するDX化等
    • ・企業の不正リスク調査白書 Japan Fraud Survey 2020-2022の概要
標準学習時間
31分
受講期間
お申込み日より12ヶ月間 ※クレジット払いは決済後すぐに、コンビニ払い及び請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

※お申込みにあたりご不明な点は、フォームよりお問い合わせください。

講師

  • Senior Vice President 扇原 洋一郎

    アメリカ合衆国ハワイ州出身。その後、幼少期に長期間に渡りシンガポール、インドネシアを含む東南アジアで生活する。前職では日系一部上場企業にて経理財務部門に20年以上勤務。アジアビジネスに10年以上かかわり、直近ではジャカルタ、バンコクでの駐在、APAC地域での子会社統括、内部監査、国際税務、その他広範なガバナンスに従事。デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーに入社後、東南アジアを中心とした不正調査(贈収賄、横領等)や海外子会社ガバナンスの強化策の設計と導入を担当している。海外のデロイトネットワークと共同でのサービス提供実績も多数あり、かつ国内外において多くのセミナーを手掛けている。公認不正検査士。

※講師情報については、動画収録時のものとなります。