【知的財産価値評価】2講座セット

  • バリュエーション
  • 上級★★★★

¥9,900税込

【知的財産価値評価】2講座セット

本講座の基礎編は、オンブック目的に限られない知的財産価値評価の目的・利用方法を説明し、具体的な評価手法・考え方・評価プロセスなど知財価値評価の基礎を習得することを目的としています。知的財産の価値評価に用いられる各要素の考え方を説明し、実務における分析視点等を解説しています。また、実践編では、事例を通して知的財産価値評価のポイント・具体的なアプローチ方法等を理解し、実務上の対応についての知見を深めることを目的としています。知財のJV拠出事例、親子会社での知財価値の按分、特許の質を加味した評価手法などを紹介し、知財評価の検討要素を、具体的にどのように検討しているかを解説しています。

テーマ

  1. 1.知的財産価値評価の目的と利用方法

    • ・知的財産評価の目的・利用方法の変化
    • ・知的財産評価の利用
  2. 2. 知的財産価値評価の手法・プロセス

    • ・主な知的財産価値評価の手法
    • ・知的財産評価の考え方
    • ・知的財産価値評価のプロセス
    • ・知的財産の経済的価値評価のプロセスとイメージ
  3. 3. 知的財産価値評価に用いられる要素

    • ・知的財産価値評価に用いられる要素
    • ・知財が貢献するビジネスプラン
    • ・知的財産の貢献度
    • ・財産の収益性分析
    • ・知的財産の陳腐化等の分析
    • ・知的財産に関する割引率
  4. 4.知的財産価値評価の手法と要素

    • ・主な知的財産価値評価の手法
    • ・ロイヤルティ免除法の概要
    • ・知的財産価値評価に用いられる要素
  5. 5. 知的財産価値評価の実践:【事例①】知財拠出によるJV設立

    • ・【事例①】特許・ノウハウ等の拠出によりJVを設立する事例
  6. 6. 知的財産価値評価の実践:【事例②】本社・子会社での特許価値の按分

    • ・【事例②】特許評価後に帰属分を按分する事例
  7. 7. 知的財産価値評価の実践:【事例③】特許の質的評価を勘案する方法

    • ・【事例③】特許の質的評価を勘案して評価する方法
    • ・ 特許価値を構成する要素
    • ・【事例③】特許の質的評価を勘案して評価する事例
    • ・ 特許価値
    • ・ 価値評価の基礎となるキャッシュフローの基本式(ロイヤルティ免除法の考え方を前提とする)
    • ・【事例③】特許の質的評価を勘案して評価する事例(自社事業に係る価値)
    • ・【事例③】特許の質的評価を勘案して評価する事例(潜在的なライセンスに係る価値)
    • ・【事例③】特許の質的評価を勘案して評価する事例
    • ・ スコアリング(例)
標準学習時間
62分
受講期間
お申込み日より12ヶ月間 ※クレジット払いは決済後すぐに、コンビニ払い及び請求書払いは着金確認後に視聴開始となります。

講師

  • Senior Vice President 森山 三紗

    官公庁・有限責任監査法人トーマツを経て、2012年よりデロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリーに入社。現職では、知財アドバイザリー業務に従事。知的財産の価値評価、ライセンス契約交渉支援、知的財産の管理に関する業務支援等を行っている。公認会計士。

※講師情報については、動画収録時のものとなります。