• ホームアイコン
  • お知らせ
  • 企業の実務家向け「持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化」e-ラーニング リリースのお知らせ
e-ラーニング

企業の実務家向け「持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化」e-ラーニング リリースのお知らせ

■─■───────────────────────────────────────────
企業の実務家向け「持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。
■─■───────────────────────────────────────────

経営環境変化が激しいVUCAの時代、カーボンニュートラル時代においても、経営の鮮度や方向性を保つためには、レジリエントなガバナンスが必要です。こうしたガバナンスへの高度化、またアップデートの実践方法について学んでいただける講座となります。取締役会事務局、経営企画等の方々にお勧めです。

≪「持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化」の詳細はこちら≫

■講座名
持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化

■テーマ
1.これまでのガバナンス改革に関する変遷と背景
・日本のガバナンスを取り巻く変遷
・企業競争力を高めるガバナンス

2.マネジメントモデルからモニタリングモデルへの移行の在り方と課題
・なぜモニタリングモデル(取締役会による監督の重視)が必要なのか
・中長期的な企業価値の向上を実現するため取締役会に求められるもの
・社内・社外取締役への期待
・将来的に想定される取締役会を巡る論点

3.取締役会の持続性を担保するサクセッション
・社内取締役、執行役員、社外取締役のサクセッション
・経営層のサクセッションプラン策定方法と進め方

4.取締役会を中心としたガバナンスの実効性を高めるための取組み(実効性評価と運営体制)
・ガバナンスの実効性を高めるための検討フレーム
・取締役会の実効性評価の主要論点
・実効性評価における具体的な項目
・取締役会事務局を中心とした取締役会運営の現状と課題

5.サステナビリティを踏まえたガバナンスの在り方
・取り巻く環境の変化を踏まえたガバナンスの在り方
・サステナビリティに関するガバナンス&リスク管理体制の例

■講師
有限責任監査法人トーマツ 東京事務所 監査アドバイザリー事業部
張本 青波 P
頼永 泰弘 MD

■標準学習時間
47分

■価格
¥ 3,300

■受講期間
お申込み日より12ヵ月間
※入金確認後、視聴開始となります。


≪「持続的な企業変革を実現するためのガバナンスの高度化」の詳細はこちら≫