• ホームアイコン
  • お知らせ
  • 企業の実務家向け「新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編」e-ラーニング リリースのお知らせ
e-ラーニング

企業の実務家向け「新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編」e-ラーニング リリースのお知らせ

■─■───────────────────────────────────────────
企業の実務家向け「新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。
■─■───────────────────────────────────────────

東京証券取引所における市場区分の見直し、改訂コーポレートガバナンス・コード対応を、持続的な成長、中長期的な企業価値を高めるための取組みとするための要諦を、実務的な取組ポイントも踏まえてご説明します。特に、激変する経営環境のなかで自社のガバナンスレベルをどのように高め、自社の競争力をどのように高めていくのかを探っていく講座となっています。

≪「新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編」の詳細はこちら≫

■講座名
新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編

■テーマ
1.新しい市場区分の概要
・従来の市場区分で指摘されていた課題と対応の方向性
・新たな市場区分
・プライム市場に上場するための基準等
・流通株式の定義
・新しい市場に向けた今後の予定

2.プライム市場上場会社に対する期待
・市場見直しにあたって、東証や投資家からの声

3.改訂コーポレートガバナンス・コードにおける重要テーマ
・市場ごとのコーポレートガバナンス・コードの適用
・企業競争力を高めるガバナンス
・議論されていたコーポレートガバナンス・コードの論点
・中長期的な企業価値の向上を実現するために取締役会に求められるもの
・CFOの財務戦略アジェンダ
・資本コストを意識した経営に必要な仕組み
・事業ポートフォリオの経営戦略への適用
・企業価値創造経営を支えるガバナンス体制
・これからのストラテジーデベロップメントの在り方
・ガイドラインの考え方
・グローバル企業の内部監査部門におけるリスクマネジメントへの関与
・持続的な価値創造に資するガバナンスシステムと三様監査
・グループ経営における主な論点
・グループ経営力強化するために検討するべき事項

4.サステナビリティに対する取組み
・国内大手機関投資家のスチュワードシップ活動の体制とエンゲージメントの考え方
・マテリアリティの特定プロセス
・経営にESGをインテグレートする

5.TCFDへ対応
・TCFDの位置づけ
・気候関連の機会、リスク、及び財務への影響
・TCFDの開示事項
・(ご参考)TCFDの最終的な開示イメージ(例)
・TCFD適用ロードマップ(草案)

6.改訂コーポレートガバナンス・コード対応の進め方
・ CG報告書の提出時期
・(参考)プライム市場対応CG報告書の提出までの全体スケジュール案

■講師
有限責任監査法人トーマツ 東京事務所 監査アドバイザリー事業部
張本 青波 P
頼永 泰弘 MD

■標準学習時間
64分

■価格
¥ 7,700

■受講期間
お申込み日より12ヵ月間
※入金確認後、視聴開始となります。


≪「新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編」の詳細はこちら≫