• ホームアイコン
  • お知らせ
  • 企業の実務家向け「SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項」e-ラーニング リリースのお知らせ
e-ラーニング

企業の実務家向け「SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項」e-ラーニング リリースのお知らせ

■─■───────────────────────────────────────────
企業の実務家向け「SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項」e-ラーニング リリースのお知らせを致します。
■─■───────────────────────────────────────────

M&Aにおける売買価格は必ずしも株式売買契約書(SPA)締結時に確定することはなく、価格調整も追加的な売買価格交渉の機会になり得ます。実際、売買価格調整は交渉の第二ラウンドと捉えるケースもあります。本講座ではSPAを検討するにあたって、特に財務的な観点からの検討ポイントとなる価格調整条項を理解することを目的に、価格調整メカニズムに関して留意すべきポイントを実例も踏まえて解説します。

≪「SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項」の詳細はこちら≫

■講座名
SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項

■テーマ
1. SPA概要
・デューデリジェンス(DD)における発見事項の契約書への反映
・SPAの基本構成
・想定リスクへの対応方法とSPAにおける条項

2. 価格調整メカニズム
・買収価格の調整とその形態
・価格調整の必要性
・ネットデット+運転資本調整
・デットフリー・キャッシュフリー・正常運転資本メカニズム
・ネットデット
・キャッシュ・デットの定義
・運転資本調整の仕組み
・運転資本の定義と基準運転資本の設定
・運転資本調整とネットデット調整の関係
・会計方針(Accounting Principles)
・クロージング時点の価格調整方式における一般的な調整スケジュール
・クロージング価格調整の具体例

3. 事例紹介

■講師
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
マネージングディレクター 岩崎 恭行

■標準学習時間
47分

■価格
¥ 8,800

■受講期間
お申込み日より12ヵ月間
※入金確認後、視聴開始となります。


≪「SPAにおける交渉論点 - 価格調整条項」の詳細はこちら≫