M&Aシリーズ M&A Series

  • ホームアイコン
  • 講座紹介
  • M&Aシリーズ
  • 株式価値評価とM&Aの投資判断
対面セミナー 専門講座

株式価値評価とM&Aの投資判断(対面セミナー)

講義および実際にエクセルワークシートを用いた演習を行い予測財務諸表の作成や株式価値評価・投資判断の基礎を習得を目指すと共に、実際の事例に基づく実務的な論点について解説します。

講座の狙い

  • 予測財務諸表の作成に必要な知識の習得
  • 株式価値評価(DCF法/マルチプル法)および投資判断の考え方の理解
  • 株式価値評価に関連する基本的なM&A実務論点の理解

講義の特色

各日の前半は、講義および実際にエクセルを用いた演習を行い、予測財務諸表作成の作成や株式価値評価、投資判断に関する基礎を身につけていただきます。後半については、M&Aの投資判断の考え方や株式価値評価や価格交渉に関連する実務的な論点について事例を交えて解説を行います。
※各日、PCをご持参いただきます。
※各日、持ち帰り用の課題(想定所要時間:2時間)があります。

カリキュラム

  • 第1講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価①
  • 第2講義:M&Aの投資判断①(含む事例紹介)
  • 第3講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価②
  • 第4講義:M&Aの投資判断②(含む事例紹介)
  • 第5講義:予測財務諸表の作成と株式価値評価③
  • 第6講義:M&Aの投資判断③(含む事例紹介)

主任講師

吉村 隆史

主任講師

Managing Director

吉村 隆史 Takashi Yoshimura

TMT(Technology, Media & Telecommunications)/製造業のセクターを中心に、株式価値評価、財務デューデリジェンス、アドバイザリー業務を数多く提供している。専門資格予備校や企業内研修等において講師としての登壇経験多数。

関連講座

e-ラーニング 専門講座
株式価値評価とM&Aの投資判断

M&Aの投資判断において株式価値算定や各種リスクシナリオ評価を行うためには、PL予測だけでなく、BS/CF予測が必要になります。本講座では、M&Aプロセスにおける株式価値評価の役割および評価手法を解説するとともに、3表(PL/BS/CF)予測財務諸表の基本的な作成手順および株式価値評価手順の説明とエクセルによる計算演習や設例を通じて、M&Aの投資判断における実務的な留意事項について学んでいただきます。 ※財務3表(PL/BS/CF)の基本的な理解を前提とした内容になっています。

e-ラーニング 専門講座
M&Aを成功させるための統合実務

PMI(Post Merger Integration)はM&A実行後のシナジー創出・最大化を実現させるための統合プロセスとして非常に重要なフェーズです。PMIを推進する実務者の方、マネージメントをされる方に、実行計画策定の方法論と実務上のポイントについて、事例を交えて解説します。※会計、人事、ITの分科会についての講義は、それぞれ単独で購入することも可能です。

M&Aシリーズの特長

開催日程

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

※法人/団体向け研修サービスをご希望の方はフォームよりお問い合わせください。

会場

デロイト トーマツ グループ セミナールーム
東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 7F Google Map
アクセス:有楽町駅から徒歩3分/二重橋前駅から徒歩3分

受講料

※現在は申込受付をしておりません。次回開催情報の公開までお待ちください。

※法人/団体向け研修サービスをご希望の方はフォームよりお問い合わせください。

申込締切

各講座、第1回目の講義前日までお申込み可能です。
※満席になり次第、締め切りとさせていただきます。

※同業他社からのお申込みはお断りさせていただく場合があります。予めご了承ください。
※お申込みにあたりご不明な点はフォームよりお問い合わせください。

もっと見る

閉じる