企業の実務家向け講座 Business Persons

  • ホームアイコン
  • 講座紹介
  • 企業の実務家向け講座
  • 新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編
e-ラーニング 専門講座

新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編

東京証券取引所における市場区分の見直し、改訂コーポレートガバナンス・コード対応を、持続的な成長、中長期的な企業価値を高めるための取組みとするための要諦を、実務的な取組ポイントも踏まえてご説明します。特に、激変する経営環境のなかで自社のガバナンスレベルをどのように高め、自社の競争力をどのように高めていくのかを探っていく講座となっています。

講座名

新市場への移行と改訂コーポレートガバナンス・コード対応を円滑に行うための実務講座 - 基礎編

テーマ

1.新しい市場区分の概要
・従来の市場区分で指摘されていた課題と対応の方向性
・新たな市場区分
・プライム市場に上場するための基準等
・流通株式の定義
・新しい市場に向けた今後の予定


2.プライム市場上場会社に対する期待
・市場見直しにあたって、東証や投資家からの声


3.改訂コーポレートガバナンス・コードにおける重要テーマ
・市場ごとのコーポレートガバナンス・コードの適用
・企業競争力を高めるガバナンス
・議論されていたコーポレートガバナンス・コードの論点
・中長期的な企業価値の向上を実現するために取締役会に求められるもの
・CFOの財務戦略アジェンダ
・資本コストを意識した経営に必要な仕組み
・事業ポートフォリオの経営戦略への適用
・企業価値創造経営を支えるガバナンス体制
・これからのストラテジーデベロップメントの在り方
・ガイドラインの考え方
・グローバル企業の内部監査部門におけるリスクマネジメントへの関与
・持続的な価値創造に資するガバナンスシステムと三様監査
・グループ経営における主な論点
・グループ経営力強化するために検討するべき事項


4.サステナビリティに対する取組み
・国内大手機関投資家のスチュワードシップ活動の体制とエンゲージメントの考え方
・マテリアリティの特定プロセス
・経営にESGをインテグレートする


5.TCFDへ対応
・TCFDの位置づけ
・気候関連の機会、リスク、及び財務への影響
・TCFDの開示事項
・(ご参考)TCFDの最終的な開示イメージ(例)
・TCFD適用ロードマップ(草案)


6.改訂コーポレートガバナンス・コード対応の進め方
・ CG報告書の提出時期
・(参考)プライム市場対応CG報告書の提出までの全体スケジュール案

講師

有限責任監査法人トーマツ 東京事務所 監査アドバイザリー事業部

張本 青波 P

頼永 泰弘 MD

標準学習時間

64分

価格 (税込)

¥ 7,700

受講期間

お申込み日より12ヵ月間
※入金確認後、視聴開始となります。

- 講師紹介 -

- 講師紹介 -

張本 青波

Partner

張本 青波 Seiha Harimoto

有限責任監査法人トーマツ入社後、製造業を中心に、総合商社、不動産業など多岐にわたる業種の日本基準・IFRS監査およびアドバイザリー業務に関与。2011年から2013年までは、経営コンサルティング会社において、ファイナンシャル・アドバイザリー業務および事業戦略策定支援業務に従事。現在は、多国籍企業のIFRSおよび日本基準の監査業務に従事するほか、コーポレートガバナンス、リスクマネジメントの高度化、サステナビリティ経営と開示に関する研究と提言を行っている。主な関与業種:製造業、不動産、商社。公認会計士。

 
頼永 泰弘

Managing Director

頼永 泰弘 Yasuhiro Yorinaga

一般事業会社向けに会計関連やガバナンス、リスク、コンプライアンス関連の内部統制・経営体制アドバイザリー業務に従事。ガバナンス支援に関してはグローバルガバナンス体制の整備、グループガバナンス体制の構築支援、海外子会社のガバナンス体制の構築支援、取締役会・経営会議の運営の高度化支援等のプロジェクト経験を有する。その他の内部統制・経営体制に関しては、問題発生時の不正調査や改善対応、不正防止体制の構築、会社法対応の内部統制の導入・高度化、J-SOX導入・コントロールの見直し、経理・会計業務のBPR、会計システムの導入支援などに関与。

※講師情報については、動画収録時のものとなります。
※お申込みにあたりご不明な点は、フォーム よりお問い合わせください。

デロイト トーマツがこれまで培った豊富な実績とノウハウで、
受講者の皆様のスキルアップに貢献します。

関連講座

e-ラーニング 専門講座
海外子会社の不正ガバナンス

本講座では、日系企業における海外子会社ガバナンスの弱点を振り返ったうえで不正ガバナンス強化に必要不可欠なポイントを、1マネジメント、2責任の明確化、3リスクと統制、4人材と組織、5モニタリングの5つの視点で整理し、それぞれの要諦を解説します。事業会社で長く海外駐在の経験のある講師が、日本本社、地域統括会社、現地子会社それぞれの立場を踏まえたうえで自身の経験談を交えてお話します。コロナ禍における内部監査のリモート対応についても概説します。

e-ラーニング 専門講座
不正防止のための組織風土醸成

不正事案の中でも品質不正は長期間発覚しないケースが多く、どの業界にも潜在している可能性があります。また、発覚した際には会社に甚大な影響をおよぼすだけでなく、役員個人が法的に罰せられるケースもあります。本講座では、品質不正を題材に、不正の深刻さや影響の大きさと不正を引き起こす要素、防止するための組織風土醸成の重要性とポイント、経営層の役割について具体的に解説します。

企業の実務家向け講座の特徴

デロイト トーマツ アカデミーでは、過去にM&AシリーズとしてM&Aに関わるビジネスパーソンが知っておくべき基礎知識から外部アドバイザーを有効活用してM&Aを成功に導く一歩踏み込んだ専門知識を対面セミナーという形で提供し、受講者の方々から高い評価を得てきました。それらの実績ある内容をベースにポイントとなる部分を絞り込み、全国のより多くのビジネスパーソンが場所・時間に関係なく何度でも繰り返し学べるように2020年よりe-ラーニングでの提供をスタートしています。

e-ラーニングでの提供に伴い、デロイトトーマツ グループがこれまで数多くの企業に対して経営上の様々な局面からの変化、成長、再生等の戦略策定、実行に寄り添って外部専門家としてサポートを行うことで培ったナレッジを活かし、M&Aだけでなく幅広い分野へ講座ラインナップを展開しています。社内研修やキャリアアップのための自己学習に是非お役立てください。

e-ラーニングの特色

  • 場所を選ばず全国どこからでも受講できる
  • 時間を選ばずいつでも受講することができる
  • 視聴期間中は何度でも繰り返し学習できる
  • 対面セミナー受講者の復習用としても活用できる

もっと見る

閉じる